ここにある、あなたのベストチョイス。

浮気する女性の特徴・サイン10個とその裏側!放っておけば別れの危機

浮気調査

浮気する女性の特徴・サイン10個とその裏側!放っておけば別れの危機

「浮気は男の専売特許」と思ったら大間違い!実は男性よりも女性の方が浮気率が高いケースもあり、女性の浮気率は年々上昇傾向にあるのです。果たして浮気する女性の心理はどうなっているのか…。本記事では、浮気する前兆や、浮気進行中の女性にはどのような特徴やサインがあるのかを10個ピックアップし紹介。この記事を読めば、浮気する女性の心理や、あなたのパートナーに浮気の気質があるのかどうかがハッキリわかります。


公開日:2022年8月26日

本記事の編集、監修、取材協力者等の情報

渡辺広亮(仮名)

不倫妻を持つ現役“サレ夫” 渡辺広亮(仮名) 不倫妻を持つ高校教師。現在でも奥様は不倫継続中で、これまでいくつかの探偵事務所に調査を依頼してきた。時には調査を失敗したこともあり、修羅場を経験したが、現在も奥様の調査を継続中。現役の“サレ夫”そして、豊富な浮気調査の経験者として、今回の記事を監修。

ベストチョイス編集部

ベストチョイス編集部 ライフステージにおいて確かな情報を必要としている方たちに向けて、実用的で役立つ情報を発信するデジタルメディア・プロジェクト。さまざまな分野で専門家の意見を伺いながら、読者がより豊かなライフを送るためのヒントをお届けします。

あなたの地域の探偵社、こっそり教えます

あなたのお住いの市区町村で浮気調査を専門とする探偵社を検索してみませんか?
下記のページから探偵社を検索・ご相談いただくと、10%割引で正式依頼できます。

※割引対象となる探偵社は下記のリンクからご覧いただけます

あなたの地域の探偵社、こっそり教えます

詳しく見てみる

浮気する女性は想像以上に多し!女性の3人に1人は浮気経験アリ!

一般的に「浮気」と言えば、男性の浮気を連想しますが、実は女性の浮気率はとても高い。その事実をご存知ですか?
最近では、女性の浮気をテーマにしたドラマや映画も少なくありませんが、身近な女性の浮気や不倫を見聞きしたことがあるという人も増えているように感じます。

では、女性の浮気率は実際にどのくらいなのか?当然のことながら国の基幹統計ではそのような実態調査は見当たりません。

しかし、民間の企業や団体が独自の調査結果を公開していることもあります。
今回は、「ソロ経済・文化研究所」の独身研究家・コラムニストとして、テレビや新聞・雑誌などに多数出演してきた荒川和久氏のまとめたデータを紹介します。

既婚女性の浮気率は約30%、未婚女性は20%以上

既婚女性の浮気率は約30%、未婚女性は20%以上

©BEST choice

拡大

(C)ソロ経済・文化研究所/荒川和久

上の図では、オレンジグラフが女性、青グラフが男性の統計となっており、左が未婚者の統計、右が既婚者の統計となっています。

今回知りたいのは女性の浮気率なので、オレンジグラフに注目してみましょう。
女性の場合、全体を通じて未婚、既婚に限らず20代の浮気率が高く、未婚女性の25%、既婚女性の35%以上は浮気経験があるという結果になっています。

現在彼氏がいるのに浮気進行中の女性は概ね35%

現在彼氏がいるのに浮気進行中の女性は概ね35%

©BEST choice

拡大

(C)ソロ経済・文化研究所/荒川和久

参考に、今度は“彼氏がいるのに現在浮気進行中”の女性の割合を見てみましょう。
上の図、左部分の赤グラフに注目してください。
赤グラフは“現在進行中”の未婚女性の浮気率。「彼氏がいるのにもかかわらず、“今”浮気をしている」未婚女性は、全体を通じて35%にのぼります。
過去・現在に限らず、未婚の女性は浮気率が男性よりも高いのが驚きです。

彼氏がいるのに浮気をする3つの女性心理

男性の場合、相手の女性の身体的魅力に惹かれて浮気するケースがほとんど。
平たく言ってしまえば、ターゲットの女性と“セックスしたい”というのが浮気の根本的な動機です。

ところが、女性が浮気する動機は男性とは少し違うようです。主に3つのケースにまとめられます。

彼氏に不満がある

女性が浮気する理由でもっとも多いのが「彼氏への不満」です。
浮気が発覚した際に、「なぜ浮気をしたのか?」と問い詰めると、多くの女性は決まって彼氏への不満を理由としてあげます。

女性は「本命への腹いせ」で浮気をすることも少なくないのです。

彼氏に対して「こうであって欲しい」という理想像と、実際の彼氏に乖離(かいり)を感じて悩んだときや、彼氏から傷つけられたと感じたときに、「好き」という感情が「傷つけばいい」に変換されてしまうのが女の性なのです。

彼氏より素敵な男性に出会った

これについては、男性の心理と共通するものがありますが、今付き合っているパートナーよりも魅力的な男性と出会ってしまったとき、浮気へ走ってしまう女性も少なくありません。

ただ、男性と異なるのは、その“本気度”。

先にもふれたように、男性は性欲を満たすために浮気します。
男性が浮気を弁明するときに「ちょっとした出来心で…」という言葉を使うことからもわかるとおり、男性は一時的に高まった性的欲求から浮気に走ってしまうことが多い。
あるいは、肉体関係を持つこをゴールとした短期的疑似恋愛を楽しんでいるだけのことも多いのです。

もとちろん、女性についても男性と同じような動機にかられて浮気することもありますが、基本的には男性とは異なるモチベーションで浮気します。

「一緒にいるのが楽しい」「話を聞いてもらえる」「求められるのがうれしい」など、相手とのフィーリングで浮気をするので、本気の恋に発展する可能性が高いのです。

男性にチヤホヤされることで自分に価値を感じられる

男性に比べると、女性は寂しさに弱い傾向があります。
女性の場合、パートナーに話を聞いてもらえない、スキンシップをしてくれないなど、「私って、愛されてないのかな?」と感じたとき、寂しさを埋めるために浮気に逃げる傾向があります。

寂しさを感じているときに、チヤホヤしてくれる男性が現れると、女性は一気に心を惹かれていきます。
はじめのうちは「私には彼氏がいるから」と相手の男性と距離感を保とうとしますが、徐々に気持ちが押さえられなくなり…。その結果、浮気へと走ってしまう女性が多いようです。

今まで彼氏に求められないのが日常だった女性にとって、自分に価値を感じさせてくれる男性は、余計に魅力的に思えてしまうのです。

浮気をする女性に共通する10の特徴・サイン

実は、浮気をする女性には共通する特徴があり、浮気の前兆や進行中によく見られるサインもあります。
渡辺広亮(仮名)

不倫妻を持つ現役“サレ夫”

渡辺広亮(仮名)

男性では、性欲が強い人や女性にやさしい人が浮気しやすい。
また、男性が浮気疑惑を招いてしまうサインは、「ワイシャツに口紅が付いていた」「車内や室内にアクセサリーの忘れ物があった」などがあげられます。

一方、女性では男性のそれとは異なりますが、やはり、浮気しやすい女性には共通する特徴があり、浮気しているときには、必ずと言っていいほど無意識にサインが出ているのです。

ここからは、これまで数々の女性に浮気されてきた私が、浮気しやすい女性の特徴や、浮気のサインについて紹介します。
当てはまるものがあったら要注意。あなたのパートナーも浮気している可能性大です。

同性の友人が少ない、あるいはまったくいない

浮気の気質がある女性は、とにかく男性に対する立ち回りがうまい。周りの男性に対して有利な立場を築くのが大の得意なのです。
どのような場面で、どのような言葉を返したら男性が喜ぶか、どのような振る舞いやしぐさが男性にウケるのかを常に研究していて、恐ろしいほど熟知しています。
当然のことながら、そのような特徴のある女性は男性にモテます。男性にモテるということはそれだけ「浮気するチャンスをつくりやすい」ということになるわけです。
ただ、その反面、同性からは好感を持たれません。「あの子、いつも男の前ではキャラ変えてるよね~」「男にチヤホヤされていい気になってるよね~」など、腹の内を読まれるので同性にとっては不愉快なのです。

ファッションやメイクに妥協しない

浮気の気質がある女性に総じて共通するのは、「浮気するチャンスをつくるのがうまい」こと。

どのようなファッションや、メイクが男性に好感を持たれるのかを彼女たちはよくわかっています。女性ファッション誌で「モテ服」「モテメイク」をテーマにした特集が人気なのも納得できるのではないでしょうか?それほど、女性はどうすれば男性にウケるのかについて常にアンテナを張っているのです。

一概には言えませんが、「彼氏に喜んでもらいたいからファッションやメイクを頑張る」女性は実は少数。
浮気するしないにかかわらず、女性というのは周りの男性に好感をもたれたいからファッションやメイクにこだわるのです。
浮気の気質が高い女性は、一般の女性よりファッションやメイクにこだわります。

男性に対してスキンシップが多い

動物界においてのオスの役割は、メスと関係をもって種を繁栄させること。
人間の場合、他の動物にはない理性こそあるものの、本能を完全には制御できません。女性の体に触れたい—。これが男性の性分なのです。

そのため、男性は“触れる(さわれる)女性”に無意識に惹かれていく傾向があります。本能的には「触れる女性」と関係をもってしまった方が、手っ取り早く目的を達成できるわけです。
そして、女性たちは「男は女のカラダに興味がある」ことをよくわかっています。

浮気の気質のある女性は、この状況を最大限に利用して浮気するチャンスを広げていきます。
もし、あなたのパートナーが他の男性たちにスキンシップをとることが多いようであれば、浮気の気質があるとみなしていいでしょう。

派手な下着を持っている

「見せブラ」や「勝負下着」、「セクシーランジェリー」など、機能性よりも男性を魅了することを目的とした下着は数多くあります。

もし、彼女がそんな下着を持っていたら…。いづれにせよ、“誰かに見せるため”のものであることは間違いありません。こっそり隠し持っていた場合は、確実にあなた以外の男性に見せるとき用のものです。
渡辺広亮(仮名)

不倫妻を持つ現役“サレ夫”

渡辺広亮(仮名)

以前、お付き合いしていた女性が、こっそり隠すように真っ赤なTバック(それもかなりキワどいもの)を持っていたことがありました。
私の「こんなの履いてるの?」との問いに「これはペチパンツで、女ならみんな普通に持っている」のだとか。

どうやら女性は、スカートやパンツのまとわりつきの防止のためや、下着のラインがアウターに響いてしまうのを防ぐために、ペチパンツやペチコートという下着をインナーとして着用することがあるらしいのです。

だた、結局、彼女は浮気相手とのデートの時に、その真っ赤なTバックを勝負下着として着用していたのです。。。
彼氏・夫が知らないところで派手な下着を持っていたら、ほとんどの場合“クロ”だと思ってください。騙されてはいけません。

付き合いが浅い男性に対しても、あだ名で呼んだり「ちゃん付け」したりする

浮気の気質がある女性は、ターゲットの男性との距離を詰めるのがうまく、しかも早い。
狙った男性の懐に入るのが大の得意です。

男性にとって、女性から下の名前で呼ばれたり、「ちゃん付け」で呼ばれたりするのは悪い気はしません。呼び方一つで相手との人間関係を一気に詰められる—。浮気女はこのことをよくわかっているのです。

一つ、思いに留めておいていただきたい目安があります。
例えば、彼女の前に「仕事でチラッと会っただけで付き合いは浅いけど、会って好印象だった男性」が出現したとしましょう。

彼女がその男性のことをあなたに話すとき、あだ名で呼んだり、ちゃん付けして呼んだりする場合は要注意。(当然あなたは、たいして親しくもないはずの男性に対してあだ名やちゃん付けで呼ぶ彼女に違和感を感じます)

最初のうちは、本人を目の前にしてあだ名やちゃん付けで呼びません。現時点ではあだ名やちゃん付けで呼び合える人間関係を築けていないからです。
何故か本人のいないところで、その男性のことを指すとき、あだ名で呼んだり、ちゃん付けで呼んだりするのです。

しかし、その後、いつの間にか本人の前でもあだ名やちゃん付けで馴れ馴れしく呼ぶようになっていきます、結局その男性と恋仲になります。

「会話の中で相手の男性を指すとき、あだ名やちゃん付けで呼び始めたら、浮気が展開される兆候」と考えましょう。

自分の性格を「男っぽい」と周りに言う

しばしば自分のことを「私、中身は男なんで」「よく男っぽい性格と言われます」などと周りに言う女性はいませんか?

もし、パートナーがこの手のブランディングをしているのであれば要注意。彼女は間違いなく浮気の気質が高い女性です。

“サバサバ風な女”をアピールする女性は、「自分は男っぽいから男性と仲がいい」からと言って、男性と二人きりで飲みにいくことも多い。
そんなとき彼氏には、「ほら、私、女に見られてないからさー。夜ずっと一緒でもなにもないよ?」などと言います。

その一方で、決まって普段からオシャレで綺麗。女性的な容姿の場合が多い。本人の言っていることと、実際の状況に違和感を覚えてしまいますよね。

実は、これも男性の懐に入るための浮気女のテクニック。「サバサバ風な女」を印象づけ、相手との距離を縮めた後に、「ほら、女っぽいところもあるでしょ?」と言わんばかりに次の一手で“女”を出してくるのです。
自分の性格を「男っぽい」という女性の本性は、乙女で男好きな「あざとい女」です。

夜型人間

「女は夜に男を狩る」ことを覚えておくべきです。
夜であれば濃い化粧も映えますし、少しくらい派手な格好をしたり露出を高めても、夜の街ではまったく違和感が出ません。

実際、浮気は夜に実行されることが多い。

夜はロマンチックを演出しますし、お酒の機会も多くなります。夜は浮気を楽しめる絶好の環境をつくりだすのです。

夜型人間は、浮気の誘惑にさらされる機会がそれだけ多くなるということ。その観点からも夜型人間は浮気しやすいと言えるわけです。

母性が強い

意外に思うかもしれませんが、母性が強い女性は浮気しやすい傾向があります。
母性が強い女性は彼氏に一途に尽くしそう…ですが、一度面倒をみてあげたいと感じた男性(浮気相手)に出会ったら、自分の生活を犠牲にしてでも面倒をみようとする傾向があります。

浮気はいけないことだとわかっていても、「自分がいなければ、あの人はダメになる」と強い使命感を感じ、気づいたらその男性と深い仲になっていたというケースは非常に多いです。
この手のタイプの女性は、一度浮気してしまうと相手の男性となかなか別れられないのでとても厄介。
複数の男性と浮気を繰り返すというよりは、一人の男性と長く浮気を続けてしまうので、浮気相手に完全乗り換えしてしまうということも…。

一緒にいると何故かトラブルが多い

実は、浮気の気質がある女性と付き合うと、必然的にトラブルが多くなります。
その根本的背景は、彼女の「恋愛依存体質」。
浮気を繰り返す女性の中には、常に恋愛のドキドキ感がないと満足できないというタイプの人が少なくありません。
現在のパートナーに慣れてしまって刺激がなくなると、恋愛初期のドキドキ感や刺激を求めて、別の男性と恋愛をはじめてしまうというわけです。

しかし、ターゲットとなる別の男性が現れるまでは、現在のパートナーとの間で刺激を見出すほかありません。
その結果、刺激を求めてトラブルになるような発言や行動をとったり、パートナーを試すようなことをしたりするわけです。これを無意識におこなうので厄介です。

パートナーからすれば、「この人と一緒にいると何故かトラブルが多いな…」と感じます。このタイプの女性がさらに厄介なのは、常にトラブルを相手の所為とすること。
相手のせいにして自分で反省しないのですから、同じようなトラブルを繰り返すのは必然です。

SNSばかりやっている

起きている時間は常にスマホを肌身離さず持ち歩く。それに加え、SNSの通知オンが鳴りっぱなし(SNSばかりやっている)なら、浮気の疑いがあります。

SNSは複数の相手とのやり取りが可能なので、SNSの通知音がしきりに鳴る場合、複数人とやりとりしているのだろうと思いがちですが、実は、特定の異性と一対一でやりとりしているケースが意外と多いのです。
渡辺広亮(仮名)

不倫妻を持つ現役“サレ夫”

渡辺広亮(仮名)

ある時期から、パートナーがひっきりなしにLINEをしていることに気づきました。

私と一緒にいる時もお構いなしに。とにかく、ずっとLINEをしているのです。
買い物に出かけている時も、一緒にテレビを見ているときも、彼女はひっきりなしに。

最初は、複数の女友達と盛り上がっているのかな?と思っていましたが、後で彼女のLINEをこっそり見てみると、やりとりしていたのは男性一人。

私がそばにいるのにも関わらず、浮気相手と朝から晩までずっとLINEをしていたのです。 「Wi-Hiがなくなっちゃった!車に忘れたかも!見てくるね」とか、「お風呂に入ってくるね!」「明日は何時に起きるの?」など、お互いに日常生活全体をさらし合っていたわけです。

その時、彼女は「仕事のLINEだよ?」と言っていました。
あなたのパートナーが突然SNSをめちゃくちゃやりだしたら…それは浮気の兆候かもしれませんよ。

今スグ実践しよう!彼女の浮気防止法5つ

ここまでで、女性の浮気心理や、浮気している(あるいは兆候がある)女性の特徴や、浮気のサインについて紹介してきました。

女性の場合、男性と異なり、心理的な要因が影響して浮気に走るケースが非常に多い。これは裏を返せば、彼女の気持ちを日ごろから上手にコントロールしてあげることができれば、浮気を防止できるということです。

では、以降では、今すぐできる彼女の浮気防止法を5つ紹介します。
浮気されてから悩むよりも、浮気されないように日ごろから対策しておく方が、ベストチョイスだと思いませんか?

パートナーは“女性である”ことを忘れない

同じ人間であっても、男性と女性では価値観や考え方、物事に対するアプローチ方法が大きく異なります。そのためにさまざまな問題や誤解が生じます。

パートナーと一緒にいる時間が長ければ長いほど、パートナーが女性であることを忘れてしまいがち。
多くの人は、気づいたら、パートナーに対して同性の友人とほとんど変わらない接し方をしているといった具合なのです。

どれだけ長く一緒にいるカップルでも、「男女の根本的な考え方の違い」を乗り越えることは決してできません。
例えば、「愛情表現において、何に重点を置くか?」については、男女間で大きく評価ポイントが異なります。

男性は愛情表現の“大きさ”に重点をおきます。100万円の指輪を贈れば、一気に100点の評価が得られると期待します。
それに対して女性は、愛情表現の“回数”に重点を置きます。愛情表現一回につき、評価1点。つまり彼女から100点の評価を得るためには、100回贈り物をしなければいけないということになります。
「男女の根本的な考え方の違い」は、例をあげれば数えきれないほどあります。
パートナーを「自分とは根本的に違う生き物」くらいに思っていないと、すれ違うたびに二人の溝は深くなってしまうでしょう。
すべての分野でパートナーと100%わかり合えることは決してありません。だから“上手に諦める”ことが大切なのです。

言葉で「愛している」ことを常に伝える

パートナーに対して、言葉で愛情表現するのは苦手と感じている男性はとても多い。

「好きだよ」「愛しているよ」など、パートナーに対して面と向かって言葉で伝えるのは、なんだか恥ずかしいですし、タイミングもわからない。
そもそも「今更そんなこと言わなくてもわかっているだろうから、あえて伝える必要もないのではないか」 と思ってしまいがちです。

しかし、先にも述べたように、女性は男性とは発想がまったく異なります。
男性は一度愛情を表現したら、しばらく距離をおき、再び愛情が必要になったときにパートナーに対して愛情を表現する傾向がありますが、一方の女性はパートナーに対して、いつでも近くにいて愛情を表現し合いたいと思っているのです。

相手から愛情を受け取れないと、「私って愛されているのかな?」「私って彼の何なの?」とパートナーに対して懐疑的になり、自分に愛情をくれる別の男性を求めてしまうのです。

感謝の気持ちを伝える

例えば、パートナーがつくってくれる食事。
10分や15分でペロッと食べられる食事も、つくるとなれば30分や1時間は優に超えるもの。これを毎日繰り返すとなれば労力は相当なものになります。

食事や身の回りの世話をしてもらえることが当たり前になってしまうと、いつの間にか相手への感謝を忘れてしまう–。

女性は、男性と異なり、できるだけ多くのサポートをパートナーに与えようとします。しかし、多くの場合、相手から与えられるサポートの量は少ない。
その結果、腹を立てたり疲れてしまったりするのです。

「感謝」はその溝を埋める“魔法の言葉”。女性は「ありがとう」の一言で救われます。

“ロマンチック”を忘れないようにする

なぜ映画を観るのか–。

映画を観ることで、非日常的な世界を感じることができたり、普段の生活では得られない興奮を感じたりすることができるからではないでしょうか?

これと同じように、男性女性問わず、普段感じられないドキドキや興奮を感じられるから浮気に走ってしまうケースが非常に多いのです。

浮気を防ぐ最良の方法の一つは「ロマンチックな関係を維持する」こと。

例えばお出かけするときに手をつないで歩く、記念日にはオシャレなお店で食事をするなど、“あえて”ロマンチックな時間をつくるというわけです。
そのような特別な時間は、自分やパートナーに向き合うよい機会になります。相手への感謝を思い起こさせてくれたり、自分の気持ちを相手に伝えるきっかけにもなります。

一緒に過ごす時間をつくる

言うまでもなく、離れている時間が長くなればなるほど、浮気のリスクは高くなります。
女性は寂しさを感じると浮気に走りやすいためです。
男性はストレスを感じると、独り引きこもって問題解決の糸口を探そうとしますが、女性の場合は、近くの人に相談し、共感や支えを得ることでストレスに対処しようとします。

女性はストレスを感じると、身近な人に支えを求める。もしそのとき、彼氏に頼れなかったら…別の男性に支えを求めてしまうかもしれません。
離婚の原因でも常に上位にランクインする「すれ違い」。一緒に過ごす時間をあえてつくることは浮気のリスクを軽減させるだけでなく、二人の関係を前にすすめる上で必要不可欠な要素です。

まとめ

思いのほか、女性は浮気率が高い。本記事では、パートナーの浮気を疑っている人に向けて、浮気する女性の10の特徴やサイン、防止法について紹介しました。

女性の心理をしっかり理解していれば、ほとんどの場合、浮気を未然に防ぐことができます。


公開日:2022年8月26日