ここにある、あなたのベストチョイス。

仕事に集中できない!5つの原因と今すぐ試してほしい9つの対策法

仕事術

仕事に集中できない!5つの原因と今すぐ試してほしい9つの対策法

仕事に集中して取り組みたいと思っても、手が止まってしまったり、環境に邪魔されたりしてなかなか集中できないものです。本記事では、仕事に集中できない5つの原因と、仕事に集中できない人におすすめしたい、今からできる9つの対策法を紹介します。仕事に集中できないと達成感や充実感を得られませんし、残業ばかりになってしまうので、困っている方はぜひ参考にしてくださいね!


公開日:2021年4月25日

本記事の編集、監修、取材協力者等の情報

田口智之(合同会社リンクイノベーションCEO兼SE)

合同会社リンクイノベーションCEO 田口智之 本サイトの統括運営責任者。現在は経営者として事業をおこなっているが、サラリーマン時代はweb制作やシステム開発の個人事業を副業で同時進行。そこで得た仕事の効率アップ法やモチベーションアップ法を伝えるべく、本記事を監修しました。

ベストチョイス編集部

ベストチョイス編集部 ライフステージにおいて確かな情報を必要としている方たちに向けて、実用的で役立つ情報を発信するデジタルメディア・プロジェクト。さまざまな分野で専門家の意見を伺いながら、読者がより豊かなライフを送るためのヒントをお届けします。

仕事に集中できない原因は「脳」?

仕事に集中できていない感じるときは、大抵、頭の中が散らかっていて脳が仕事に集中できていないときや、その仕事に対して気が乗らないときです。

例えば、仕事以外で何かストレスを抱えていると、集中力が分散されてしまいます。
また、「過去に取り組んだがうまくいかず中断した仕事」に改めて向き合うときなどは、前回のトラウマのせいで気が乗らず、仕事に集中できないということもあります。
合同会社リンクイノベーションCEO
ようするに、仕事に集中にできない原因は、何らかの要因が脳に負担をかけていたり、脳がうまく機能していなかったりするために、脳が本来のパフォーマンスを発揮できていないことによると思うのです。
逆に言えば、脳が気持ち良く働いてくれれば、どんな仕事にも集中できるのです。
以降では、仕事に集中できない5つの原因と、9つの改善策を紹介します。

まず、原因から見ていきましょう。

職場が騒がしい

脳に余計な負担をかけ、本来の働きを妨げる原因となるものは、実は、外部的な要因が締める割合の方が多いのです。

つまり、仕事に集中できるかどうかは、環境に左右される部分が非常に大きいです。

例えば、騒がしい職場環境下では、余計な情報(ノイズ)を脳がキャッチしてしまい、脳が情報処理に追われます。

本来、人間は、危険をいち早く察知するために、身の回りの情報を敏感にキャッチするようにできています。

向かいのデスクの人の電話や打ち合わせをしている人の声、外の工事音。それだけでなく、上司の加齢臭や女性社員の強い香水の香りなど、目に入るものや音、ニオイ、たくさんの「集中を妨げる要因」があるわけです。

人間関係が悪い環境にいる

上司や同僚と人間関係がうまくいっていないと、職場で孤立しがちになります。

実は、周りから孤立することによって感じる「孤独感」は人間の集中力を低下させることがわかっています。
私たち人間は、孤独感から強いストレスを受けます。
例えば「孤独の科学」で有名な、シカゴ大学ティファニー・アンド・マーガレット・ブレイク殊勲教授で、社会神経学者のジョン・T・カオシポ氏は、その著書の中で、孤独感は人間に強いストレスをもたらし、それによって集中力や判断力が低下したり、疲れやすくなったりすると指摘しています。
加えて、上司や同僚とうまくコミュニケーションが取れないことから、仕事が思うように進まなかったり、独りよがりになってしまったりするため、仕事で成果を上げるのが難しくなります。

そういった「自分はうまくいっていない」という感覚や不安も、仕事への集中力を失わせてしまうのです。

恋愛や家庭の問題

本来、心身ともに健康な状態であることを土台とした上で、自分の生活をより豊かにするためにおこなうのが“仕事”です。
ですから、その土台の部分がぐらついていると、当然、仕事に集中できないわけです。

例えば、夫婦関係や親との人間関係に悩んでいる、恋愛で悩んでいるなど、日常的に悩み事や心配事を抱えていると、仕事をしていても何となく上の空だったり、頭の中がモヤモヤしていたりします。

このような状態では、自分をうまくコントロールできないので、仕事に集中するのは難しいです。

恋愛や家庭の問題などから生じるネガティブな感情は強力で、頭の中に強く印象として残り続けてしまうので、ふとした瞬間に頭の引き出しから引き出されてしまい、とても厄介です。

マルチタスクで仕事をこなそうとしている

仕事の効率を高める上で、複数のタスクを同時進行していく「マルチタスク」が良いのか、それとも一つのタスクに一点集中しておこなう「シングルタスク」が良いのかについては、よく議論になります。

ただ、仕事の集中力を高めるという部分にフォーカスするのであれば、シングルタスクがベストチョイスでしょう。
複数のタスクを同時進行で進めていると、仕事がサクサク進んでいるような感覚になりますが、脳内ではタスクを切り替える度にエネルギーが消費されていきます。

ようするに、一度処理した情報をいったんしまって、別の情報を記憶から引き出し、ちょっと処理していったんしまう。そしてまた別の情報を記憶から取り出し、ちょっと処理していったんしまうという形になるからです。
職場においては、作業にずっと集中できるわけではありません。
電話が入ってきたり、社内メールが届いたり、同僚が話しかけてきたりして仕事が中断してしまうことが日常茶飯事。

そのような環境下で、マルチタスクをおこなうと、仕事を中断したときになかなか元の作業に戻れないですから、集中力を保つがの難しくなるのです。

仕事での目標や向上心が持てていない

仕事に限ったことではありませんが、目標や向上心がないと人間は物事に集中して取り組めません。

例えば、メジャーリーグの選手は、地区優勝、その先のワールドシリーズの優勝を目指しているからこそ、日々、一心不乱に練習に取り組めるのではないでしょうか?

目標を達成するためには、もっとプレーがうまくならないといけないですから、向上心も高いわけです。

もし、目標や向上心がなかったら、彼らは集中して練習できるでしょうか?そうは思えませんよね。

仕事に集中できない人は、仕事での目標がなかったり、自分の仕事に価値を見い出せていないケースが非常に多いです。人間は「これは自分にとってやる意味がある」と感じたものにしか集中力を発揮できないのです。

【一度は試して!】仕事に集中できない人におすすめしたい9の対策法

ここまででお話してきたように、仕事に集中できない原因はいくつもありますし、自分の力ではどうにもならないこともたくさんあります。

仕事に集中して取り組みたいと思っていても、思うように頭が働かなかったり、周囲の環境に邪魔されたりしてしまうものなのです。

誰しも毎日ベストなコンディションではいられないですし、いつも快適な環境下で仕事ができるわけでもありません。
ですので、当然、集中力にはムラが出てしまいますが、工夫次第でそのムラを最小限にすることができます。

そこで、以降では、「仕事に集中できていないな」と感じたときに試してほしい対策法を9つ紹介しますので、ぜひ実践してみてほしいと思うのです。

自分なりの「やる気スイッチ」を探す

仕事に集中するためには、意識的にオンとオフのスイッチを切り替えるための習慣を自分の中でもっておくと効果的です。

例えば、仕事を始める前にコーヒーを飲むことを習慣づけておくと、コーヒーを飲むと自然に“やる気スイッチ”がオンになり、その後仕事に集中できるようになります。

余談ですが、コーヒーは集中力や注意力の向上にとても効果的なようです。コーヒーメーカーのネスレ日本株式会社の記事でも下記のように書かれていました。

「カフェイン摂取による集中力や注意力の向上」は、欧州食品安全機関EFSAが「科学的根拠があり、ヘルスクレーム(商品機能性表示)が可能である」ことを認めた効果のひとつです。

ネスレのコーヒーに関する記事

拡大

コーヒーの効果を活用して仕事のスイッチを入れる人はとても多いです。また、「ちょっと集中力が切れてきたな」というときにコーヒーを活用するのもよいかもしれません。
おすすめしたいのは“やる気スイッチ”を複数もっておくこと。つまり、一つのやる気スイッチに依存し過ぎないことです。
やる気スイッチは慣れてくると、少しずつ効果が薄れていく場合があるからです。
ですので、仕事の前に簡単なストレッチをするとか、3分間瞑想するとか、何かしらのスイッチをいくつかもっておくと、なかなかオンにならないときに役立ちます。

仕事に集中できる環境づくりをする

一流のスポーツ選手は、雨や風などで想定外の競技環境になったとしても、結果を残すものです。
仕事のプロである以上、どのような環境下においても最高のパフォーマンスを発揮できるのがベストですが、なかなか難しいもの。
それよりも、自分の最高のパフォーマンスが発揮できる環境づくりのプロを目指す方が簡単です。
例えば、文章を書く仕事や計算を必要とする仕事など、思考をめぐらせる必要性が高い作業の場合は、音楽がガンガン流れている環境だと、音や歌詞が頭に入ってきてしまい集中できないかもしれません。

逆に、新しいアイディアを考えたり、デザインを考えたりする場合は、周囲の雑音が聞こえるくらいの方が集中できるかもしれません。
人によって、パフォーマンスが発揮できる環境は違うと思いますので、「この作業であれば、静かな個室でやろう」とか「この作業はカフェでやろう」などと決めておくといいのです。
ただ、注意しなければならないのは環境に依存し過ぎないこと。

いつも自分のやりやすい環境で好きなように仕事ができるとは限りません。
時には、出張先のホテルにて、狭いスペースで仕事をしなければいけないとか、来客が多くて静かな環境で仕事ができないという場合もあるわけです。

そのようなときに「これでは仕事に集中できない」ということでは、仕事を片付けることができませんよね。

ですので、仕事に集中できる環境をつくることも大事ですが、それだけに依存せず、自力で集中力を高めるスキルも必要になってきます。

メールやLINE、SNSと上手に付き合う

仕事の集中力をもっとも阻害するのは、なんといってもメールやLINEなのではないでしょうか?

また、SNSユーザーの中には、自分の投稿に対して誰が反応してくれたかとか、イイね!が何個ついたかなど、四六時中チェックしている人も少なくありません。
メール、LINE、SNSと上手に付き合わないと仕事に集中できなくなる
ですから、こうしたネットを介してどんどん入ってくる情報から身を守らないと、情報に振り回されて仕事が手につかないということになりかねません。
クライアントがLINEやSNSで重要度の高い業務連絡をしてくる可能性はほとんどないでしょう。
重要度が高い連絡はメールでよこしてくることはあるかもしれませんが、本当に緊急性があるものに関しては電話で連絡してくるのが普通です。

ようするに、メールやLINE、SNSの情報は後回しでOKな情報ばかりなのです。
ですので、おすすめしたいのは、仕事に集中したいときはスマホの電源をオフにし、手の届かないところに置いておくこと。
この「電源をオフにする」「手の届かないところに置いておく」というのがポイントです。
通知音をオフにしたとしても「こうしている間にも誰かからメッセージが来ているんじゃないか」とか「今どのくらいのフォロワー数かな」などと気になってしまい、仕事を中断して見たくなってしまいます。

しかし、電源をオフにしてれば、起動しようにも時間がかかるので「後でにしよう」という気になりますし、さらに手が届かないところに置いておくことによって、スマホまで手を伸ばすこと自体もおっくうになります。

メールやLINE、SNSのことが頭の中で気になっていると、脳は消耗し疲労してしまいますので、これに関しては徹底的に対策するとよいでしょう。

あえて高めの目標を設定する

仕事の締め切りに余裕があると、ついつい時間があるからといってダラダラ仕事をしてしまいがち。
ですので、仕事に集中力をもたせるには、あえて高めの目標設定で仕事に臨むのがおすすめです。

例えば、仕事の締め切りが2週間後なのであれば、1週間で仕上げるという目標設定をするのです。
このような“あえて高めの目標設定”で仕事に臨むと、「1週間でこの仕事を終わらせるためにはどんな工夫が必要だろう?」と考えるようになります。この緊張感が頭をフル回転させ、集中力を引き出すのです。
このやり方は、仮に1週間で仕事を終えられなかったとしても、まだもう1週間の猶予が残されているので、余裕をもって仕上げることができます。

また、目標が達成できなかったとしても結果的には通常よりも早いスピードで仕事を完了できることがほとんです。
あえて高めの目標設定をする
あえて高めの目標設定をすることは、集中力を引き出すだけでなく、仕事のスピードアップにもつながりますし、これがきっかけで自分の仕事の無駄や改善点を見つけることができるので、メリットしかありません。

今、一番やりたい仕事をする

仕事に集中できていないとき、意思の力でなんとか頑張ろうとしても、ほとんどの場合、集中力を取り戻せません。

そんなときには、思い切ってシフトチェンジするのがおすすめ。今おこなっている作業をストップして、「そのときに一番やりたい仕事」に取り掛かるのです。

仕事とひと口に言っても、細分化するとやるべきことはいろいろあると思います。

例えば、当サイトのようなメディアの運営の仕事であれば、マーケティングする作業や、文章を書く作業、ページをデザインする作業などがあり、それぞれに必要なテンションや集中力にも違いがあります。

私自身もそうですが、例えば「今日はなんとなく文章を書く気ならない」という日もあれば、「今日はデザインするのにちょうどいい気分」の日もあるという具合なのです。
人間は気分がうまく乗っている状態では、脳が気持ち良く働くので仕事に集中できますが、気分が乗らない状態のときは脳が真逆の状態なので集中できません。
こうした気分の浮き沈みは人間誰しもあることですから、良い意味で“諦める”ことも必要です。

テンションに応じて仕事を選べるタスク管理をしておく

「気分が乗っていれば仕事ははかどる」ので、その時々のテンションに応じた仕事を選べる状態を事前につくっておけば、気が乗らない仕事を悶々と続けてしまう状況を回避できます。

そのためには、自分の仕事をタスク化し管理することが必要不可欠でしょう。

とはいえ、そのときの気分に合わせて仕事が選べるほど、世の中は甘くありません。
仕事の締め切りが迫っていれば「今日は気分が乗らないから」という理由で後回しにすることはできないわけです。

しかし、無理やりやり切ろうとすれば、仕事の質は悪くなります。

ただ、こうした問題は、常に前倒ししたタスク管理をしていれば回避できます。

締め切りにまだまだ余裕があるタスクでも、気分が乗っているときに片付けてしまうのです。
後になってまた気分が乗るとも限らないので、やれそうなときにさっさとやってしまうのがミソです。

モチベーションを上げようと頑張るのをやめる

巷では仕事のモチベーションを上げるためのさまざまなテクニックが書籍やネット上で紹介されていたり、仕事のモチベーションを上げるためのセミナーなども人気です。

しかし、そうしたテクニックは一時的には多少効果があるかもしれませんが、長期的にはあまり効果がないような気がします。

日本の文化では、行き詰まっても気合で頑張りぬくべき、結果が出るまで自分を追い込むべきなどと、流れに逆らって進んでいくことが美徳とされています。

しかし、このようなやり方で仕事を続けていたら、仕事そのものがつらく感じ、仕事に対して良いイメージが持てなくなるでしょう。
モチベーションをアップさせようと頑張っても無駄
仕事をはかどらせ、良い結果を残すためには「仕事が楽しい」「仕事が好き」という感覚をキープしなければなりません。

ですので、モチベーションがどうしても上がらないときは、スパッと仕事を中断することも大切なのです。

行き詰まってダラダラ仕事をしてしまうより、潔く自分の状態を受け入れて頭を切り替えた方が、仕事へのイメージダウンを防げます。

インプットとアウトプットの日を分ける

仕事とひと口に言っても、クライアントにサービスを提案したり、社内でプレゼンしたりするなどの“アウトプット”ばかりではありません。

クライアントに会って要望や意見を聞いたり、プレゼンの準備をするときなどは“インプット”が求められます。

インプットとアウトプットは全く方向性が違う作業になり、脳の使い方も違います。
例えば、陸上大会で100m走をしたり、棒高跳びをしたり、ハンマー投げをしたりと、一日のうちで複数の競技をやり切るのは非常に体への負担は大きくなりますよね。
これと同じで、インプットとアウトプットの作業を一日のうちに何度も交互に繰り返していると、脳が疲れてだんだん仕事がはかどらなくなっていきます。

ですので、おすすめしたいのは、インプットの日とアウトプットの日を分けることです。
例えば、「火曜日は午前中にクライアントと打ち合わせがあるから、午後は社内プレゼンのアイディアをまとめよう」とか、「水曜日はコビー(文章)を書いたり、デザインを仕上げたりしよう」などと、日々の業務をなるべく方向性が同じもので統一するのです。
このようにすると、脳も比較的集中力をキープしやすくなるので、仕事がはかどるのです。

仕事以外で新しいことにチャレンジする

実は、仕事以外で新しいことにチャレンジしていくと、その弾みで自分の仕事に集中力が持てるようになります。

例えば、英会話教室に通う、登山にチャレンジする、ユーチューブで動画を配信してみるなど、新しいことにどんどんチャレンジしていくのです。
こういったことは単なる趣味で、仕事の集中力とは何も関係がないように思えるかもしれません。
しかし、普段仕事をしているだけは気づかない視点やアイディア、出会いが生まれ、仕事の能率アップのヒントが得られたりするものなのです。
ようするに、新しいことにチャレンジすれば、何かしらの学びがあることは間違いなく、気持ちもリフレッシュできるので、仕事に戻ったときに、より高い集中力で仕事に臨めます。

体を動かしてコンディションを整える

仕事がはかどらないのは、運動不足が原因の場合も少なくありません。
頭がどうもうまく回らない、冴えないのは、酸素や栄養が脳に十分に行き渡っていないためかもしれないのです。

その背景にあるのは、血流の悪さ。

血液は心臓から送り出され、全身に酸素や栄養を届けると同時に、体に有害な二酸化炭素や老廃物を回収して、また心臓に戻ってきます。
実は、こうした血液を循環させる役割は、心臓だけでなく、筋肉も担っているのです。
ようするに、ヒトの体は運動などで筋肉が収縮するとそれがポンプ機能となり、血液が流れる仕組みなのです。
特に、心臓から遠い下半身は、血液を心臓に送り戻すために筋肉のポンプ機能を必要とします。
ところが、運動不足などで下半身の筋肉が衰えていると、うまく血液を循環させることができないわけです。

こうしたことが原因で、脳に酸素と栄養が不足してしまうわけですね。
コンディションが悪ければ脳も高パフォーマンスを発揮してくれません。

ですので、ウォーキングやランニングなどの運動を適度におこなうことをおすすめします。
運動で血流を良くすると脳が冴える

まとめ

今回は、仕事に集中できない5つの原因と、仕事に集中できない人におすすめしたい9つの対処法を紹介しました。

仕事で集中できると達成感や充実感を味わうことができますし、スキルアップしていけます。
それだけでなく、集中して仕事ができる分、残業も減らすことができるので、余暇を楽しむこともできます。

現状、仕事に集中できないと感じている人は、ぜひ本記事を参考にしてくださいね!


公開日:2021年4月25日