ここにある、あなたのベストチョイス。

人材コーディネーターの仕事は何故きつい?10年従事のベテランが赤裸々に暴露

キャリア

人材コーディネーターの仕事は何故きつい?10年従事のベテランが赤裸々に暴露

人材コーディネーターはきつい仕事の一つ。本記事では、人材コーディネーター歴10年のベテランが、人材コーディネーターの仕事のどんなところがきついのかについて、自身の体験をもとに紹介していきます。人材コーディネーターへの就職や転職を考えている方にとって、とても参考になる記事です。


公開日:2022年3月23日

本記事の編集、監修、取材協力者等の情報

田口智之(合同会社リンクイノベーションCEO)

合同会社リンクイノベーションCEO(人材コーディネーター歴10年) 田口智之 本サイトの統括運営責任者で人材コーディネーター歴10年のキャリアを持つ。人材の営業から派遣スタッフの採用、管理など網羅的に携わり、人材コーディネーターの仕事の酸いも甘いも嚙み分けてきた。実際に現場で仕事をしてきた人間だからこそ知り得る派遣のアレコレを本記事で紹介していきます。

ベストチョイス編集部

ベストチョイス編集部 ライフステージにおいて確かな情報を必要としている方たちに向けて、実用的で役立つ情報を発信するデジタルメディア・プロジェクト。さまざまな分野で専門家の意見を伺いながら、読者がより豊かなライフを送るためのヒントをお届けします。

人材コーディネーターの仕事は何がきつい?

人材コーディネーターとは?

人材コーディネーターとは、人材派遣会社における職種を指します。主な業務は、クライアント企業から求人案件を受注し、それにマッチした人材を自社の登録者の中から選び出し、派遣するというもの。
クライアント企業に適材適所の人材を派遣するためには、人の本音や真偽を見抜く洞察力や、交渉力が求められる。
「人材コーディネーター」と聞くと、仕事の斡旋のプロ、採用・面接のプロなどと華やかなイメージを持たれるかもしれませんが、実際は泥臭く、とてもきつい仕事です。
では、人材コーディネーターの仕事の何がきついのか?具体的に紹介していきます。
合同会社リンクイノベーションCEO(人材コーディネーター歴10年)

合同会社リンクイノベーションCEO(人材コーディネーター歴10年)

田口智之

本記事は、現在、人材コーディネーターへの就職や転職を考えていて、「人材コーディネーターについて詳しく知りたい」という方がお読みになるのではないかと思います。

一部、思わず引いてしまうような内容もあると思いますが(笑)、人材コーディネーターの仕事のリアルを知ることが失敗しない就職・転職をする上できっと役立つはず。
最後までぜひお読みくださいね!

派遣スタッフの身勝手な行動の責任を取らなければならない

ズバリ!人材コーディネーターのもっともキツイところは、派遣したスタッフの尻ぬぐいをしなければならないことではないでしょうか。

「派遣社員として働く人」の中には、社会性が低く、正社員として働くことが難しい方、「働く」ことへのモチベーションが低い方など、組織に所属して働くこと、もっと言ってしまえば、社会生活において何らかの問題を抱えている方も多くいらっしゃるのが実情です。

そのようなこともあり、仕事を無断欠勤したり、許可なく早退したり、派遣先の企業でケンカをしたり、セクハラをしたり、モノを盗んだり…。派遣スタッフのトラブルが頻発することは日常茶飯事なのです。
大小問わずトラブルが発生したときには、人材コーディネーターが責任を負わなければなりません。トラブルが起こるたびに企業に謝罪するのはもちろんのこと、起きてしまった問題を解決するために話をつけなければなりません。

派遣スタッフの“不祥事の後始末”ほどきついことはありません。

派遣スタッフ・企業それぞれの要望を押し付けられ板挟みに

一般的に、雇用者と労働者それぞれが相手に対して求めることが一致することはあり得ません。
雇用者は、労働者にできる限り低賃金で働いてもらいたいが、会社の利益は上げてほしい。言うまでもなく労働者は、その真逆。できる限り高賃金で雇ってほしいが、楽な仕事がしたいわけです。
両者は根本的にポジションが違うので、基本的に相容れません。
派遣を利用する企業の中には、派遣スタッフに対して「どんな仕事も引き受けて当然」と考えている企業も少なくないので、無茶な要望を出してくることも多いです。

「派遣で来てるAさんなんだけどさぁ…今週いっぱいで契約打ち切りにしてくれないかなぁ?」

「派遣のBさん、明日から勤務時間変更してほしいんだよね」

「派遣のCさん、うちの社員と相性悪いんだよね。明日から別の人派遣してくれないかなぁ?」

などなど、「急にそんなこと言われても…」と言いたくなるような要望が次々と飛んでくるわけです。
実際に派遣スタッフを雇用しているのは派遣会社の方ですから、本人と交渉するのは人材コーディネーターの仕事になります。無茶な労働条件の変更は労使問題に発展するリスクもあります。

こうして人材コーディネーターは企業と派遣スタッフの間で板挟みになり、つらい状況になります。

「毎朝、派遣スタッフからの欠勤連絡がモーニングコール」がきつい

朝起きて、「今日も仕事に行くのが楽しみ」という人は少数派でしょう。大抵の場合、仕事に行くのが憂鬱、おっくうでしょう。
その憂鬱な朝に拍車をかけるのが、派遣スタッフからの欠勤連絡です。

想像してみて下さい。毎朝、派遣スタッフの欠勤連絡がモーニングコールなのです。好きなアイドルからのモーニングコールなら最高ですが、早朝の派遣スタッフからの連絡となれば、内容はロクなものではありません。

受け持つ人数にもよりますが、人材コーディネーターになれば、毎日欠勤連絡に対応しなければならなくなります。
割合的に、受け持つ人数の総数の10%が毎日欠勤すると考えて下さい。つまり、50人派遣スタッフを受け持つとしたら、毎日誰かしら5人くらいが欠勤連絡をよこしてくる形です。

人材コーディネーターという仕事をしている限りは、この負のループからは抜け出せません。これは人材コーディネーターの非常につらいところです。

ノルマがきつい

中小企業の場合は特に、人材コーディネーターは営業を兼任することが多いです。その場合、派遣スタッフの管理をしながら新規開拓営業も同時進行しなければなりません。
ストレスがかかる環境下での営業活動はけっこうシンドイものです。

派遣会社というのは、登録スタッフを派遣することで収益を得ています。大手企業でも何かの拍子に倒産したり、事業を縮小したりする時代。
派遣会社にとって新規開拓は命題なのです。
となると、当然ノルマが課されます。楽に達成できるノルマを設定するほど会社は甘くありません。
派遣会社の実態は営業会社なので、他業種と比較すると上司が高圧的なケースも多いです。

大手の派遣会社においては、人材コーディネーターと営業が分業されていることも多いですが、だからといって楽でもありません。

人材の採用率や定着率など、さまざまな方面から業務成績を評価され、成績が悪ければ上司から詰められることになります。
人材コーディネーターは常に数字をつくらなければいけないし、数字に常に追われる職種なのです。

休日も気が気ではない

ちょっと言い過ぎでは?と思うかもしれませんが、人材コーディネーターは24時間365日稼働しなければいけません。
受け持つ人材やクライアント企業にもよりますが、フード・サービス系企業や、365日稼働している製造工場などに人材派遣している場合は、必然的にクライアント先にライフスタイルを合わせざるを得ない状況になります。
一般的に人材派遣会社は土日、祝日が休業になっているケースが多いですが、クライアント先で何らかの対処すべき事態が発生した場合は、人材コーディネーターが稼働せざるを得ないということです。

仮にクライアント先が土日・祝に稼働していなくても、休日だろうが何だろうが派遣社員はこちらの都合お構いなしに電話やLINEなどで連絡してきますから、これまた対処が必要になります。
こっちは会社が休みなのに、「仕事を辞めたいと思っていまして…」と相談を持ちかけられることも多い。休日に受ける連絡の内容にロクなものはありません。

クライアント、派遣社員からの連絡を「今日は会社が休みだから」という理由で放置してしまうと、結局、休み明けにさらに大きなトラブルとなって自分の身に押し寄せることになりますから、休日でも“人材コーディネーター”をやらざるを得ないのです。

そのようなわけで、休日でもスマホが手放せない。気が気ではないのです。

夜勤スタッフのトラブルの対応は最悪

前項の内容と少し関連する部分もありますが、製造工場や医療、介護施設などに夜勤専属、あるいは交替勤務でスタッフを派遣している場合は大変です。
深夜にクライアント先で急なトラブルが発生した場合、対処しなければならないからです。

とはいえ、ほとんどのクライアントはよほどの緊急事態でもない限り、必要な連絡を翌日にまわしてくれますが、中には深夜だろうが遠慮なく連絡してくるクライアントもいます。

お察しの通り、この場合の連絡についても、内容はロクなものではありません。派遣スタッフが職場で大ケガしたというようなトラブルにおいては、夜中でも現場に駆けつけて対処しなければならないでしょう。

夜勤スタッフを派遣している人材コーディネーターは安心して眠れません。これも人材コーディネーターのきついところです。

移動距離が長くつらい

移動距離が長いのも人材コーディネーターの仕事の特徴。

人材派遣会社では担当範囲が地域で割り当てられるケースがほとんどですが、エリアは広範囲に及ぶことが多いです。
次のクライアント先まで車で(あるいは電車で)1時間以上ということは別に何とも珍しくなく、日中はクライアントからクライアントへと移動の繰り返しになります。

移動時間が長いということはある意味、気持ちを整える時間を確保できるという点でメリットになり得るかもしれませんが、身体的な疲労はかなり大きくなります。
移動時間が長いことによる消耗も、人材コーディネーターの仕事のきついところです。
人材コーディネーター仕事は移動距離が長くつらい

人材コーディネーターに向いているのはこんな人

ここまで、人材コーディネーターの仕事のきついところをあげてきましたが、「思ったよりも大変そうだ」と感じたのではないでしょうか。
人材コーディネーターは決して楽な仕事とは言えませんが、それでも一定数、人材コーディネーターに向いている方はいます。

そこで、以降では人材コーディネーターに向いている人の特徴を5つあげました。
本記事をここまでお読みなっている方は、人材コーディネーターの仕事にチャレンジしようかどうかを本気で迷っている方だと思います。
もし、5つの特徴のうち、3以上が当てはまったら、もしかしたらあなたは人材コーディネーターに向いているかもしれません。

人間嫌いな人

人材コーディネーターの求人募集を見ると、募集要項に「人と関わるのが好きな方」とか「人に喜ばれる仕事をしたい方」などと書かれている場合があります。
確かに、人材コーディネーターは、“人”と関わり、人の世話をする仕事の一つなので「人好きな性格」は、仕事で有利になりそうです。

ところが、意外とそうでもありません。むしろ、逆に人間嫌いな性格の人の方が人材コーディネーターに向いています。
例えば、クライアントや派遣スタッフの要求に根負けして自分自身を不必要に追い込んでしまったり、情に流されておこなうべき決断ができなかったりすると、仕事が本当につらいものになってしまいます。
つまり、「人好きのお人良し」では、人材コーディネーターは務まりません。
言い過ぎた言い方をすれば、将棋の駒のような感覚でドライに人を見ることができるタイプは人材コーディネーターに向いています。

もちろん、これは仕事上での話ですから、人材コーディネーターになるなら人間性を変えるべきということではありません。
ただ、ここで言いたいのは、人材コーディネーターの仕事をする時、ある意味で「人間嫌い」になれる人は強いということです。

嫌なことがあってもすぐに切り替えられる人

ここまでお読みになればよくおわかりだと思いますが、人材コーディネーターは、直接的にたくさんの人と関わる仕事であるがゆえに、トラブルやクレームが日常茶飯事です。
ほぼ毎日、何かしらの嫌な出来事が起こると思ってください。

そのようなわけで、嫌な出来事を忘れることができず、ずるずると引きずってしまうタイプの人は、人材コーディネーターの仕事に向いていません。
嫌な出来事は次々と起こるので、一つひとつを気にしていたらメンタルが崩壊してしまうでしょう。

嫌な出来事が起こっても、しばらくしたらケロッと忘れられる。そのような性格の人は人材コーディネーターに間違いなく向いています。

テキトーな性格の人

意外と、テキトーな性格の人は人材コーディネーターに向いています。
先にも述べたように、人材コーディネーターの仕事においては、毎日毎日、さまざまなトラブルが起こります。
それら数々の問題に一つひとつ時間をかけて丁寧に対処していたら日が暮れてしまいますし、すぐに潰すべき問題を先送りにして問題を大きくしてしまうことになりかねません。
ここでまた言い過ぎた言い方をしますが、矢継ぎ早に起こる問題に対して、「テキトーでいいや」と思えるくらいの方が良いのです。
もちろん、派遣法や労基法に抵触するリスクがあるような問題には丁寧に対処すべきですが、人材コーディネーターをやっていて遭遇する問題のほとんどはそこまでのレベルでないことが多いのです。

ある意味、テキトーな性格の人は人材コーディネーターに向いています。

自分なりの“エアポケット”を持っている人

嫌な出来事が仕事の9割を占める人材コーディネーター。
人材コーディネーターの仕事は日々ストレスの連続なので、その日のうちにストレスを軽減したり解消したりしないと、どんどんストレスが蓄積していってしまいます。

だからこそ、自分なりの心の整え方やストレス解消・発散法を持っている人は強いです。

例えば、コーヒーをゆっくり飲んでホッとひと息つくとか、嫌な出来事を同僚と共有して笑い飛ばすとか、体を動かすとか、どのような方法でも構いません。
自分なりにストレスをコントロールできる人は、仕事上とても有利です。

ピンチを「エキサイティング」に脳内変換できる人

仕事で起こるトラブルや、その他の難題を「エキサイティング」と思えるなら、人材コーディネーターの仕事はとても楽しくて仕方がないと思います。
誰でもトラブルは嫌なものですが、自分を訓練することでトラブルを楽しめるようになります。その努力を意識的におこなえる人は人材コーディネーターに向いています。
例えば、派遣スタッフの欠勤が頻発したときに、「じゃあ、欠員をどうやって埋めようか」とゲーム感覚で対処してみたり、「派遣スタッフの職場の悩み相談に対して、今回はどの引き出しで勝負しようか」など。
自分の仕事にユーモアになれると、人材コーディネーターの仕事はぐっと楽になります。

人材コーディネーターに転職するなら大手がおすすめ!その理由とは?

人材コーディネーターに転職するなら大手がおすすめ
本記事をここまでお読みになり、それでも人材コーディネーターの仕事にチャレンジしてみたいと思った方におすすめしたいのは、人材コーディネーターの仕事に就くなら大手企業を選ぶことです。
大手企業だと敷居が高そうで尻込みしてしまう方もいらっしゃると思いますし、まずは、ベンチャーに入って様子をみてから大手に転職すればいいのではないかと考える方もいらっしゃると思います。

では、なぜ人材コーディネーターの仕事に転職するなら大手企業がおすすめなのかについて、その理由を解説していきます。

中小企業では業務を「丸投げ」されることがほとんど

職種を問わず言えることですが、ベンチャー企業に就くメリットの一つとしてあげられるのが「大手企業よりも裁量が大きい」こと。
ベンチャー企業では社員数が少ないので、さまざまな業務を兼任することが多く、それぞれの社員へのサポートも薄い。

そのようなわけで、必然的に自分の考えで何かを決めたり、判断したりする機会が大手企業に比べかなり多くなります。ある意味、これは仕事にやりがいをもたらしますが、言い換えれば「丸投げ」とも言えます。
中小規模の人材派遣会社では、クライアントや派遣スタッフの情報共有ができておらず、社員たちは「自分の担当する範囲外のことは何もわからない」といった具合の会社がとても多いです。
裏を返せば、基本的には自分一人で何もかもやらなければいけないというわけです。

人材を集められるシステムを会社が備えている

大手の人材派遣会社では、多額の資金を投じてつくった独自の求人システムが充実しています。
例えばそれは自社の求人サイトであったり、アプリであったりです。SNSにも力を入れていたり、テレビを始めとする大きなメディアにも露出していたりすることもあります。
そのようなわけで、大手には優秀な人材が集まりやすい。

一方、中小規模の人材派遣会社では、大手のような資金力はないため、せいぜい自社サイトを運営しているレベルで、あまり集客できていないことがほとんどです。

となると、「人材集め」は営業マン・人材コーディネーターのマンパワーにかかってくるという、つらい状況になります。
人集めから何からすべて自分でやらなければいけない、しかも知名度がないので人材が集まりにくいのがベンチャー企業です。社員一人ひとりのマンパワー頼みなのです。

分業制で負担が軽い

中小規模の人材派遣会社では、営業、面接、採用、入職サポート、入職してからの労務管理をすべて一任されることが多いですから、その分、さまざまな業務をこなさなければならなくなります。
起こるトラブルの数もトラブルの内容も多種多様です。

しかし、大手の人材派遣会社では、基本的に分業制。
専任の営業マン、専任の面接官、専任の労務管理者…といった具合で、それぞれの場面で対応する社員が異なりますから、そのような意味で社員一人ひとりの負担がベンチャー企業に比べて軽くなります。
本記事では、人材コーディネーターのつらいところについて、事あるごとに触れてきました。もし、そのつらさに尻込みしてしまいそうな予感がするのであれば、比較的負担が軽い大手企業を選ぶ方がいいでしょう。

コンプライアンスがしっかりしている

働き方改革やコンプライアンスの遵守が推進されいる現在でも、派遣法や労働法に抵触することをおこなっている人材派遣会社はまだまだ見受けられ、そのほとんどは中小、あるいは零細企業です。

認知度が高い大手の人材派遣会社については、労働局もしっかりマークしていますし、企業イメージや世間体などの兼ね合いもあるため、コンプライアンスを逸脱したことは絶対にできません。
以前、電通の社員の過労自殺問題がマスメディアによって大々的に報じられ、社会問題になったことがありましたが、企業にとって、社員を無下に扱うことは今や死活問題にもなるわけです。

ところが、中小・零細規模の人材派遣会社においては、目先の利益を追求するがゆえに、法令遵守がきちんとされていないケースもあります。
働く環境という点でも、やはり大手の人材派遣会社の方がおすすめです。

まとめ

本記事では、人材コーディネーターの仕事にチャレンジしようとしている方に向けて、人材コーディネーターの仕事のきつい点を紹介したり、人材コーディネーターに向いている人の特徴、さらには、人材コーディネーターになるなら大手の人材派遣会社がおすすめな理由を紹介してきました。

人材コーディネーターはきつい仕事ですが、やり方や考え方次第でやりがいや楽しさを感じられる仕事です。
田口智之(合同会社リンクイノベーションCEO)

合同会社リンクイノベーション CEO 田口智之 本サイトの運営統括責任者。
これまでスーパーの水産部や学習教材の営業、仕出し弁当の営業、人材コーディネーター・キャリアアドバイザーなど、さまざまな職種を経験。2008年のリーマンショックを機に会社に依存するリスクを痛感し、2012年頃からWEBデザインやプログラミングを独学。会社員として働きながら個人事業主として開業し、自身の事業をスタートさせる。
その後、2017年に10年間勤めた会社を退職し、2018年2月にリンクイノベーションを設立。
現在はンターネットメディア事業、Webサイトの構築・運用、システム開発、各種コンテンツの企画制作を中心に精力的に活動している。

フォローしてください



公開日:2022年3月23日